黒瀬珂瀾、この美しい名前を持つひとは作品を見る前から伝説だった。

――春日井建 序文冒頭


黒瀬珂瀾(くろせからん)

1977年生。蟹座。
十代前半より作歌を始める。
三宅千代主宰誌「白い鳥」同人を経て「中部短歌会」「鱧と水仙」各同人。
春日井建に師事。

NHK総合「あなたも歌が詠める」、ETV2001「電脳短歌の世界」などに出演。
岩波書店の研究会「乱詩の会」に小林恭二、岡井隆、高橋睦郎、平出隆、川上弘美、 小澤實らと二年間参加。
共著に『白い鳥総合歌集W』『里程』。

「歌により異化された「世界」の真の姿が見たい、と願っている。
ハイカルチャーとサブカルチャーの交錯したフラットな地平に興味がある。
ロゴスにより顕現された「背徳」と「美」の空間、人間の本来の姿を写し取りたい。
趣味は映画鑑賞とマンガ収集。カルトな映画は特に好き。」

インタヴュー: [気鋭・新鋭]「読売新聞」2003.2.14 夕刊文化欄

著者ホームページ:Moonlight Crisis





このサイトの表紙に戻る。
Copyright(C) 2002-2003 Kurose Karan